第10戦 ヨーロッパGP

まさに大波乱レース。


波乱1 晴→雨→晴→雨
フォーメーションラップからポツポツと降り出した雨は
レースがスタートする頃には激しい雨に変わりました。
特に1コーナーは川が出来るほどの状況で
足をすくわれてコースアウトするマシンが続出する事態に。
上空から写した映像はマシンの墓場状態でした。
危険な状況のためセーフティーカーが出動し、
ついにはレース続行が不可能として赤旗中断。


その後、天候が回復したので
セーフティーカー先導によるローリングスタートでレース再開。
路面も乾いてきてレース中盤はドライコンディションになるも
残り約10周となったレース終盤に再び雨。
この最後の雨で得したのはアロンソです。
1位走行中だったマッサが雨でペースを落とし
2位走行中だったアロンソが猛追。
そして残り5周でオーバーテイクした後は
一気に引き離して今季3回目の優勝を飾りました。


波乱2 ハミルトン大荒れ
予選Q3でタイムアタック中に
右フロントタイヤが異常な振動を起し
制御不能のままウォールに突っ込むクラッシュ!
映像から衝撃の大きさが見て取れたので
ヒヤリとしましたが
大きな怪我をすることなく
無事決勝にも出場できたのは良いニュースでした。
もちろんクラッシュは不幸でしたが……。


Q3でタイムが出せなかったため10位グリッドからのスタート。
スタート直後に一気に4位まで浮上し、
すげぇ! と思ったのも束の間、
突然スローダウンして最下位へ……。
どうやらパンクしたらしいです。


さらに土砂降りの雨で川が出来た1コーナーで
足をすくわれコースアウト。
グラベルに捕まって身動き取れなくなるも
エンジンを掛けっぱなしにしていたため
クレーンで吊り上げられてコースへ復帰。
「なんかマリオカートみたい」なんて思ってみたり。
ただ、レース復帰できたものの周回遅れ。


赤旗中断後のレース再開時に
ドライタイヤに履き替える賭けに出ますが
路面コンディションはまだドライタイヤには辛く
さらに順位を落とす結果に。
ドライコンディションになるにつれて
ハミルトンもペースを上げて追い上げますが
結局ポイントまであとひとつの9位でフィニッシュ。


ハミルトンがノーポイントで
アロンソが10ポイントだったことで
2ポイント差まで一気に縮まりました。


デビュー後の連続表彰台記録は9でストップ。
この記録は破られること無いかもしれないですね。


波乱3 ライコネン
予選ではポールポジションを取り調子が良かったライコネン
しかしスタート直後の雨で
ウェットタイヤに換えるためにピットへ向かうも
ピットロードを曲がりきれず
コースへ戻ってしまう大失態を演じ
ドライタイヤで激しい雨の中を1周余計に走るという
大きなロスを背負ってしまいます。


一旦は大きく順位を落としたものの
ポールポジションを取るほど調子が良かったので
2位走行中のアロンソに迫る3位まで取り戻します。
が、突然のスローダウンでリタイヤ。
シューマッハが来ると勝てないジンクスは健在のようです。


波乱4 ウィンケルホック
フォーメーションラップ中に降り出した雨を見て
グリッドには着かずピットへ向かった1台。
それがデビュー戦のウィンケルホックでした。
そしてウェットタイヤに履き替え
ピットロードからスタートを切ったのですが
この賭けは大当たり!


多くのマシンが激しい雨に翻弄される中、
一人ウェットタイヤを履いたウィンケルホックは快走し
ウェットタイヤに履き替えるためにピットへ向かう他車を尻目に
トップへと躍り出たのです。
赤旗中断するまでデビュー戦の新人ドライバーが
レースをリードしたわけです。
こいつは驚きだ。


まあ、レース再開するとともに
ズルズルと順位を落としてしまいましたが……。
戦闘力の劣るスパイカーなので仕方ないですけどね。

第9戦 イギリスGP

スタートはポールスタートのハミルトンと
セカンドグリッドのライコネンが競り合うも
ハミルトンがトップを死守。
3位はスターティンググリッドそのままにアロンソがつけ
トップ3台は1回目のピットストップまで
着かず離れずのレース展開が続きました。


いち早くピットへ向かったのはハミルトン。
しかしここでトラブルが発生し大きくロスします。
次にライコネンがピットへ向かい
問題なく作業を済ませてピットアウト。
ここでハミルトンとライコネンの順位が入れ替わりました。


トップ3で最後にピットに入ったのはアロンソ
ここでアロンソは奇策を打って出ます。
ピットストップを短くすることで
ライコネンをかわしてトップに躍り出ます。
当然、給油量が少ないので次のピットストップは早くなりますが
軽いマシンでプッシュして差を広げれば
優勝が見えてくるという算段です。
しかし、今回のライコネンフェラーリのペースは速く
周回遅れが絡んだりすることもあって
思いのほかギャップを広げることが出来ず
2回目のピットストップを迎えてしまいます。


そしてライコネンが予定通り2回目のピットストップを終えると
余裕でアロンソの前に立ちトップに躍り出ます。
そのまま危なげなくトップチェッカー。
アロンソもそのまま2位フィニッシュ。


ハミルトンはピットストップでのトラブル以降は
特に目立つことも無く2位から大きく離され3位フィニッシュ。
デビュー戦からの連続表彰台記録は9に伸ばしましたが
ほとんど印象に残らない走りでした。

第8戦 フランスGP

フェラーリが見事な1-2勝利。
悔しいけど今回はマクラーレン完敗ですね。
北米2戦ではマクラーレンが圧倒しましたが
今回はフェラーリが圧倒したわけで、
コースによって得手不得手が大きいのかな。


ハミルトンはスタートで抜かれて
フェラーリ2台にはついていけなかったものの
3位はしっかりキープして
デビューからの連続表彰台記録を8回に伸ばしました。
このままチャンピオンにでもなってしまいそうな勢いですな。
凄いのは認めますけど
デビューしていきなりチャンピオンて言うのは
なんか気に入らないなぁ。
1年目は終盤まで争いながらも最後は破れ
2年目に雪辱を果たして見事チャンピオンっていうのが
可愛げがあって良いねw


一方アロンソは予選でギアトラブルが発生したことが運の尽き。
10位からのスタートで
果敢に前走車を追い回しては
熱い戦いを繰り広げていたものの
ピットストップのタイミングが良くなかったためか
結果はあまり報われない7位でした。
レース終盤にフィジケラとバトルしてるのを見て
「あれ? 最初の方でフィジケラ抜かなかったっけ?」と
観ている私が混乱する場面も。
ラップチャートが公開されたら
アロンソがどんな位置で走っていたのか
確認してみようと思います。


アルバースは給油が終わってないのに発進して
給油ホースを引きちぎってぶら下げたまま走り出したが
ピットを出てすぐのところで駐車して終了。
なにやってんだかw
このアクシデントで給油マンが吹っ飛ばされてたので心配しましたが
レース後のコメントによると誰も怪我していないとのことで
どうやら無事らしいです。
良かった。


ところで、地上波放送の糞OPアニメですが
アメリカGPで流れなかったので
視聴者の声を聞き入れて廃止したのかと思いきや
今回しっかり流れやがりました。
しかも微妙な編集を入れて。
もういらねっつーの!

第5戦 モナコGP

マクラーレン1−2フィニッシュ!
しかも、ライバルのフェラーリに対して
1分以上の差をつけての勝利。
マクラーレンファンの私にとって
なんとも気持ちが良い結果でした!


スタートではアロンソとマッサの間に
ハミルトンがすすっと入ったのを見て
マクラーレンは1−2のままスタートを切れたと確信しました。
その後、マッサがズルズルと遅れていくのを見て
あとはトラブルと事故さえなければと観戦してました。


マクラーレン2台の戦いで熱かったのは
1回目のピットストップでした。
先に入ったのは先頭を走るアロンソ
するとハミルトンはマシンをスライドさせながらの猛プッシュ!
1分15秒台を連発し3周遅らせてピットイン。
もしかしたらアロンソとの順位が入れ替わるんじゃないかと
ハミルトンのピットアウトを固唾を呑んで見守りました。
するとカメラにはハミルトンのみ映っていて
前にも後ろにもアロンソの姿がない!?
なんと、アロンソも1分15秒台を叩き出し
余裕で1位を守ったのでした。
凄いよこの二人!


ちなみにハミルトンは1ストップ作戦だったのを
急遽2ストップ作戦に切り替えたらしいです。
それで2回目のピットストップが異様に短かったわけですね。
ハミルトンのペースを考えれば
1ストップ作戦でアロンソの前もありえたんじゃと思ってしまいます。
でも、やっぱりスーパーソフトタイヤで
レース半分を走るのはリスキーだったのかな?


というわけで、ポイントランキングではアロンソとハミルトンが同ポイントでトップ。
アロンソの方が勝利数が多いのでアロンソ1位、ハミルトン2位という順番ですが)
コンストラクターズでは20ポイントの大差をつけてトップ。
今年はマクラーレンの年だ!(←昨年が不甲斐なかったので相当たまってますw)


ところでキムタクは何しにきたの?

第3戦 バーレーンGP

アロンソ冴えなかったなぁ……。
スタートでライコネンを抜いて3位に浮上したものの
1回目のピットストップでライコネンに抜き返され
さらにハイドフェルドにも抜かれて
結局5位でしたからね。
セッティングが決まらなかったんでしょうか。
エンジンのトラブルだとしたら次戦にも影響が出てしまうので
それだけは無いことを祈りましょう。


マクラーレンが不調というわけではないらしく
ハミルトンは見事な走りで2位でした。
自身の2位フィニッシュも素晴らしいことですが
ライコネンを3位に抑えての2位ですから
ホントにいい仕事しますよ。
ちなみにハミルトンが達成したデビュー3戦連続の表彰台は
F1史上初の記録らしいですよ。


あ、1位はマッサでした。
なんだろ、確かに速いんですが
あまり凄い印象が残らないんですよね……マッサって。


そして開幕から調子がよかったBMW
さらに差を縮めてきました。
おかげでアロンソが食われてしまいましたorz


さて、ポイントランキングが3戦を終わって凄いことになってます。
アロンソライコネン、ハミルトンが22ポイント獲得して
1位に3人並ぶ結果に。
なんて接戦!
厳密に言うとハミルトンだけ優勝回数が0なので並んでないですけどね。


次からはヨーロッパラウンドに突入です。
各チームの開発競争も激化して
チームの力関係も変わる可能性があるので注目ですな!

第2戦 マレーシアGP

ハミルトン凄い!
特に序盤のマッサとのバトル。
抜かれても抜き返したばかりか
マッサのミスを誘うほどのタフさ。
本当にこいつ新人か?


それにも増してアロンソの強さが際立ってました。
スタートで前に出てからは
終始安定したペースでリードを築いて
危なげなく優勝でしたからね。


2位のルイスと20秒ほどの差が付いたのは
やはり経験の差といったところでしょうか。


第1戦ではフェラーリが独走の優勝でしたが
第2戦ではマクラーレンが独走の優勝。
現時点ではどちらが速いのか判断付きませんが
今年はこの2チームでの争いになりそうです。


第3勢力として来そうなのはBMW
去年のチャンピオンチームであるルノーもこのまま黙ってはいないでしょうけどね。


話は変わるけど
あのダサいオープニングアニメは何とかならんの?

ユニゾンシフト新作「ALICE♥ぱれーど ふたりのアリスと不思議の乙女たち」

原画:伊東雑音(いとうざつおん) Pero

これは良いnoisyですね。